スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わーくしょっぷ in 大分ウッドミュージアム

「おどうぐばこ」さんのイベントが
大分ウッドミュージアムではじめて行われました。

今回は、わーくしょっぷ「myマグネット」
20101018-1.jpg
体調を崩してしまった方が多く、少人数での開催でしたが
はじめはこれくらいがいいな~と私もちょっぴり参加させていただきました。

20101018-2.jpg
「myマグネット」制作がメインなのはわかっているものの
手づくりおもちゃが気になる私。
写真には、そんな私の気持ちがはっきり現れていますね…。
奥のティッシュ箱、わかりますか?
これ、おもちゃなのです♪
私も似たようなものを作ったな~と懐かしいのと共に、
手づくりおもちゃの多さに感心しました。

20101018-3.jpg
お母さんの横にぴったり寄り添って遊ぶ子。
お友達の持っているおもちゃが気になる子。

20101018-4.jpg
こちらは土いじりにはまってしまいました…。
やっぱり、この観葉植物は外に出しておけばよかったのかな?

「おどうぐばこ」の活動は
子ども達のおもちゃの取り合い…などを大切にしています。
代表者の高橋さんがはじめにお話していたのですが、
私はとっても共感できました。
会の運営から進行、目的や活動、
さすが、元幼稚園教諭だと思いました。

20101018-7.jpg
さて、こちらは出来上がった「myマグネット」です。
とっても可愛いですね。
子どもって、マグネットが大好きです。
いろんなアレンジができそうですね。
我が子は遊んでくれないだろうけど…。

20101018-8.jpg
お金を出して買ったおもちゃには
凄く興味を示してくれるものの長続きしない。
すぐ飽きてしまって遊ばなくなってしまう。
だけど、ペットボトルや牛乳パック、ラップの芯や卵パックで作った手づくりおもちゃは
何故かボロボロになっても遊んでる。
時に、手を加えなくても遊んでしまう。
手を加えてないものの方が子ども達の想像をかきたて魅力的なのでしょうか。

マイホームにも似たようなところがある気がします。
手を加えすぎず、臨機応変に対応できるオープンスペースが好まれ、
住んでいく中で、住まわれる人の色が時間と共についていく。

我が家も、ゆっくり色をつけていきたいと思います。

最後になりましたが、11月にも「おどうぐばこ」さんの活動を行います。
詳しくは、「おどうぐばこ」さんのブログをご覧下さい。










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら








スポンサーサイト
プロフィール

日本ハウジング

Author:日本ハウジング


カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。