スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府内町家の建築家と一緒に!

東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられた地域の皆様には、
心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。





「大分の家の住まい方を学ぼう」と2回目の設計セミナーが行われました。
20110317-1.jpg
東北地方太平洋沖地震後ということもあり、
はじめに長期優良住宅について、
社長の馬場よりお話させていただきました。

長期優良住宅については、今週末、3月19日(土)にセミナーを開催いたします。



20110317-2.jpg
設計セミナー講師は、タイトル通り、
府内町家の建築家“佐藤”です。



20110317-7.jpg
誰よりも府内町家を愛する佐藤の熱弁は
皆さんの心に響いたようでした…!?



20110317-3.jpg 20110317-5.jpg
なかでも、これまでに設計された実例物件の模型を使っての話は、とても好評でした。

次回は4月の予定です。





小学生の娘のクラスでも、
今回の地震により被害を受けられた方のために何が出来るかというのが話題になったようです。
節電!という言葉がはじめに出てきたようですが
周波数が違うから…という意見が出たそうです。
ほとんどの子が理解できなかったようで、娘も私に聞いてきました。

学校に行けることが嬉しくて、勉強できる事が幸せだと言う娘は
何でもいいから出来ることからはじめよう!と話していました。
連日の報道に涙を流し、何ができるかと考えてばかりいた私と違い、子どもは凄い。
様々なところで義援金の受付がおこなわれ、救援物資の受付も始まりました。
私も、出来ることからはじめたいと思います。

きっと何事も同じなのでしょうね。
もう一つ悩んでいた事がありましたが、何でもいいから出来ることからはじめよう!
そう思いました。










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら











スポンサーサイト
プロフィール

日本ハウジング

Author:日本ハウジング


カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。