スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の読み聞かせ

年末、お施主様から 数冊の本をお借りしました。
順番にご紹介できたらと思っています。





本日、紹介させていただくのは
急行「北極号」
20120110.jpg
ご存知の方も多いのではないかと思います。
この絵本、8年間続けてきた小学校での読み聞かせで、先月読んだものです。
私一人での読み聞かせは先月が最後でした。

読み聞かせ活動を始めた当初は、
我が子に読み聞かせをしてこなかった自分自身に後悔ばかり…。
でも、タイミングってあるのです。
出会ったその時、気づいたその時が、その人のタイミング。
私のタイミングは8年前だったのかもしれないな~なんて今は思います。

中2の息子からは
「うるさい!」なんて言われながら、
「練習に付き合ってよ」と聞いてもらい、
すると、
「それ、小学生には難しいんじゃない」なんて意見をくれたりもします。

実は、最後の読み聞かせの絵本は気合を入れて選ぶつもりでしたが、
12月と2月を勘違いしていた私。
急遽、我家の本棚から選ぶことになりました。
そして選ばれたのが、この絵本。
慌ただしい時間の流れの中で、いつの間にか忘れてしまっていたこの絵本の存在。
なんだか不思議な感じです。
この絵本、このタイミングで読む運命だったのでしょうね。





2004年に日本で公開された『ポーラー・エクスプレス』という映画の原作です。
光の魔術師と呼ばれているオールズバーグの代表作。
陰影の富んだ絵と、内面世界を映し出したようなストーリーが特徴です。
子どもより、大人向きの絵本と言う感じもしますが、
数か月後に中学生になる6年生だから読みたい!と思いました。
後から男の子が、
「夢をいつまでも持ち続け、信じていきます」と言ってくれたのは嬉しかったです。

でも?
やっぱり?
一番感動、感激してくれたのは先生でした(苦笑)










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら












スポンサーサイト
プロフィール

日本ハウジング

Author:日本ハウジング


カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。