スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日刊木材新聞

12月17日付けの「日刊木材新聞」に

弊社の紹介記事が掲載されました。

現在の取り組みについて簡潔にまとめてくれています。

ありがとうございました

Z22.jpg

ちょっとだけですが御紹介させてください。





「町の工務店ネット」(静岡県浜松市、小池一三氏代表)は、さきごろ大分市内で「現代町家塾in大分・府内町家」を開催した。九州をはじめ全国の工務店関係者など70人ほどが集まり、日本ハウジング(大分市、馬場鉄心社長)が同ネットで取り組む「現代町家」コンセプトにより建築したモデルハウスを見学した後、長期優良住宅への対応を含めた説明・意見交換会などを行った。

同ネットは、年間30棟以下の地域工務店がネットワークを組み、技術や資材の情報交換・共有、勉強会などを通じて、営業力の向上と、地域の町づくりまで視野に入れた家づくりの在り方を追求する活動を行っている組織。建築家の趙海光氏が提唱する平角スケルトン工法を採用し、国産材を構造材として基本使用。林業・木材産業全体を含んだ地域産業の発展、森林整備の適正化、住宅のCo2ストック機能などを含め、地域独自の文化を保持することも目指している。

今回、日本ハウジングが地域住宅モデル普及促進事業(国土交通省)の採択を受け、大分市内に開設した「府内町家」は、大分の伝統復活というコンセプトを持ち、部材には大分方式乾燥材など、同県産杉、桧を採用。和室の一部には、国東地方に300年以上の伝統を持ち、足踏み機で織られた七島い(しっとうい)を畳表に使用している。












大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら



スポンサーサイト
プロフィール

日本ハウジング

Author:日本ハウジング


カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。