スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15年と40年

思いがけないお花のプレゼントをいただきました。
P1080405.jpg
結婚記念日に主人から♪
何故か、15年目なのに10本のバラの花。
主人らしいと思いました。



日本ハウジングは40年。
長い長い歴史があります。
私はまだ、その半分も知らないのですね…。
2月25日、26日には懐かしいOBの皆様にもお会いできると楽しみにしています。
薪ストーブPartyは賑わいそうです。
是非、お誘い合わせのうえ、お気軽にお越しください。
感謝祭










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら










絵本の読み聞かせ

年末、お施主様から 数冊の本をお借りしました。
順番にご紹介できたらと思っています。





本日、紹介させていただくのは
急行「北極号」
20120110.jpg
ご存知の方も多いのではないかと思います。
この絵本、8年間続けてきた小学校での読み聞かせで、先月読んだものです。
私一人での読み聞かせは先月が最後でした。

読み聞かせ活動を始めた当初は、
我が子に読み聞かせをしてこなかった自分自身に後悔ばかり…。
でも、タイミングってあるのです。
出会ったその時、気づいたその時が、その人のタイミング。
私のタイミングは8年前だったのかもしれないな~なんて今は思います。

中2の息子からは
「うるさい!」なんて言われながら、
「練習に付き合ってよ」と聞いてもらい、
すると、
「それ、小学生には難しいんじゃない」なんて意見をくれたりもします。

実は、最後の読み聞かせの絵本は気合を入れて選ぶつもりでしたが、
12月と2月を勘違いしていた私。
急遽、我家の本棚から選ぶことになりました。
そして選ばれたのが、この絵本。
慌ただしい時間の流れの中で、いつの間にか忘れてしまっていたこの絵本の存在。
なんだか不思議な感じです。
この絵本、このタイミングで読む運命だったのでしょうね。





2004年に日本で公開された『ポーラー・エクスプレス』という映画の原作です。
光の魔術師と呼ばれているオールズバーグの代表作。
陰影の富んだ絵と、内面世界を映し出したようなストーリーが特徴です。
子どもより、大人向きの絵本と言う感じもしますが、
数か月後に中学生になる6年生だから読みたい!と思いました。
後から男の子が、
「夢をいつまでも持ち続け、信じていきます」と言ってくれたのは嬉しかったです。

でも?
やっぱり?
一番感動、感激してくれたのは先生でした(苦笑)










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら












陶芸教室

陶芸初体験から5ヶ月。
やっと2回目の教室に行くことができました。
20111105-2.jpg



20111105-1.jpg
はじめは全くできなかった“菊ねり”
なんとなく、できた…?
でも、“アンモナイト”みたいですね。



20111105-3.jpg
せっかくだから、オリジナルを作りたいと思っていました。
実は、5ヶ月前から作るものは決めていたのです。
“秋刀魚皿”ちょっと遅いですね…(汗)
長~い平皿をイメージしていましたが、
醤油や薬味が流れないようくぼませたいことを相談すると、
足をつけましょうか♪と直ぐに的確なアドバイスをくださる先生。



20111105-4.jpg
そこにいるだけで癒される人っていますよね。
陶芸の先生は、そんな先生です。
わたしにとっては。

私とは全く逆といってもいいほど逆のタイプでしょうか。
やわらかくて、かわいらしい女性…憧れます。
最近出会う女性、年上、年下関係なく、
とてもいい刺激をいただいています。
素敵な方々との出会いに感謝しています。
私もそんな女性に一歩でも近づけますように…。

実は、そんな話を昨日、撮影に伺ったお施主様の奥様ともしました。
奥様は
「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないのよ。
 エメラルドでは、エメラルドが負けてしまう…
 人も同じ、人でしか磨けないから、人との出会いは大切よ」
そう話してくれました。
本当にそうだと思います。
奥様との出会いも、私にとって大切な出会いとなりました。

…続きは明日、撮影の様子と共にご紹介させていただきます。



20111105-5.jpg
先生が首から下げていたのを“パチリ”
娘へのプレゼントにしたいと思い、真似して残りの土で作ってみました。



土いじりには癒し効果があるのはご存知ですか。
これも、ある素敵な女性から教えてもらいました。
癒しだけでなく、エネルギーももらえるようです。
ガーデニングや陶芸…子どもの頃は泥んこ遊びってしていましたよね。
皆さんも是非、チャレンジしてみてください。

そういえば、珪藻土体験会でも“泥んこ遊び”ができそうですね。
お待ちしております。










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら











郷土料理 ~鮑腸~

このブログではすっかりお馴染みになったのではないでしょうか♪
戸次地区に伝わる郷土料理鮑腸(ほうちょう)を作りに今年も行ってきました!



20110616-1.jpg
お尻を浮かせて力いっぱいこねています。



20110616-2.jpg
今年で発足3年目を迎える「和・HETsugi」家庭教育学級での参加です。
ご指導いただいたのは、“戸次ほうちょう保存会”の皆様です。



20110616-3.jpg
見た目は、ちょっと細いうどんなのですが、
麺の長さが2メートル程あり、
ゆでた麺を、椎茸、昆布、いりこ、鰹節などで作っただし汁に入れ、
カボスやネギ、すりゴマなどの薬味と一緒に味わいます。

想像するだけでよだれが出てきそうですよね…。



20110616-4.jpg
子どもたちは、自分の背より長い麺をどんどん作っていきます。
今年で3年連続の参加となる娘と私、
それでも切らずに2メートルまで伸ばすのは至難の業。



20110616-5.jpg
地元に誕生し、受け継がれてきた郷土料理、
何かの縁で戸次にやってきた私たちが、
絶やすことなく次の世代へ伝えていきたいと思います。
まだまだ伝えられる技術は身についていませんが…これから頑張ります。

鮑腸(ほうちょう)も府内町家と同じで素材にこだわっていました。
小麦、醤油、椎茸、昆布、カボス…すべての素材にこだわりがあり、
だしを取った後も十分に楽しませていただきました。
我が家は炊き込みご飯へと大変身!!
娘が作ってくれました♪










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら











初体験

リフレッシュになるからと誘われ、“陶芸”に行ってきました。
以前から興味はあったものの、初体験でした。

今回は、土とじっくり触れ合える“手びねり”に挑戦しました。



20110614-1.jpg
何もかもが初めてで、何をどうしていいのやら…。
初めての作品は、目に留まった丸い小鉢?中鉢かな。



20110614-3.jpg
粘土遊びのようで楽しくて、意外と集中していた自分にビックリ!



20110614-2.jpg
隣では、ティーポットを作っていました。
陶芸を始めて数年になるらしく、時々見とれてしまいました♪

私も数年後、ティーポットを作りたいな~。



20110614-6.jpg
出来上がった私の初作品。
白い方は見本にさせていただいた先生の作品です。
焼きあがったら若干小さくなるようなので、
先生と同じくらいになるのではないかと思っています。
この日は1つしか出来上がりませんでしたが、家族4人分を作る予定です!
が、同じ形、大きさに作れるか心配…。
でも、それが手作りの良いところですよね。



20110614-5.jpg
残りで作ったクローバーの箸置きです。
こちらは4個できました。



20110614-7.jpg
さんまの季節までに右下のお皿を作りたい!と次の作品が決まりました。
そして、先生の作品を見て、主人と息子は黒、私と娘は白で作ろう♪
と、私の中で盛り上がっています。

焼き上がりが楽しみです。










大分の木造住宅
日本ハウジング株式会社はこちら











プロフィール

日本ハウジング

Author:日本ハウジング


カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。